おなか

妻のお腹がどんどん大きくなってきてる。赤ん坊は今、1ℓペットボトル程の大きさらしい。それがお腹の中に入っているのであればあの大きさは納得だ。

赤ん坊の成長は喜ぶべきことではあるが、日々の生活にちょっとした支障が出始めている。靴下を履くといった屈む動作が難しくなってきてる。あと、今までの量で食事するとお腹のハリが強くなるらしい。母曰く、これからもっと大きくなるとのこと。妊娠初期とは違った不都合が出てくるので、コミュニケーション取りながら家事のフォローをしていきたい。

あと、赤ん坊が大きくなるにつれ動きも活発になってきた。妻の内臓を押し上げたり蹴ったりする。頭の位置もまだ上下入れ替わったりする時期で、その際に妻は「変な動き方してる!」とわかるようだ。活発に動いている時に、妻に促されて俺の手を当ててみるが、手を当てた途端に赤ん坊の動きがピタッと止まる。

不穏な気配を察知してるのだろうか。不思議だ。

なまえ

先日女の子と判明してから名前を考えてるがなかなか難しい。

俺の中では「小春」が一押しだった。予定日が2月後半。季節にちなんだ文字を入れたいが、冬や雪といった単語は直接的で難しい。その点「小春」はこれから春を迎える2月にピッタリ。名前から受ける印象も可愛らしいし、「小春」の読みは「こはる」以外読まれず、間違えようがないのも良い。

しかし残念な事実が。小春は冬の季語だが、その由来である「小春日和」は晩秋から初冬にかけての春っぽい天気のことを指す。2月の「春よりの冬」じゃなくて、「秋よりの冬」の言葉らしい。こうなると、2月生まれのわが子に小春と名付けるのはちょっと違う気がする。

という訳で、小春は現時点では保留の方向に。名前って本当に難しい。

そんな感じです。