今まで乗ってたのは13年式の中古のフィット

東京から富山に帰ってきたら車が必要になったので、安いという理由で購入し5年程乗っていたのですが、走行中にエンジンが止まって何度か修理に出したり、一部塗装が剥げたり、鍵が鍵穴に入らなくなる(鍵締めれない)など、あちこちにガタが出てきました。

今年の3月車検が切れるので、そろそろ車を買い替えようと思った次第です。

最近の車はすごい

今まではあんまり車に興味が無くて、次の車も何でもいいかなと思っていました。

そんなある日、家族が昨年12月に新車でスバルのフォレスターを買って、乗せてもらったらんですが技術の進歩って凄いですよね。

クルーズコントロールでアクセルを踏まずとも一定速度で走行したり、カメラで前方の車との車間距離や障害物を認識してブレーキ掛けたり、白線はみ出すと警報が鳴ったり。

先進装備の数々!!自動運転の一歩手前まで来てますよこれすごい。

他にも、雨降ったら勝手にワイパー動くし、暗くなったら勝手にライト点灯するし、ヒートシーターでお尻あったかだし、車の進歩に疎かった私は驚いた訳です。

こういったガジェットに心動かされ、いろいろ調べていくうちになんとなーく車自体にも興味が沸いてきました。

しかし、興味は沸いたものの車種が多すぎて、どれにすればいいか決められない。

悩んでいたある日、突然閃きました。

川釣りに適した車が欲しい!

趣味に適した車を買うだなんて、なんだか大人の贅沢、大人の余裕を感じられます。

いいですねいいですね。この方向性で行きましょう。

川釣りに行くなら、どんな車がいいのかなーと考えてみます。

川岸へ繋がる道は舗装されておらずデコボコで、雨後はぬかるんでますし、坂も多く、ある程度の悪路走破性が欲しいところ。

ただ、通勤などの日常でも使いますし、比率としては街乗りの方が圧倒的に高いはずなので、本格的なオフロード車は燃費や乗り心地の面で厳しいものがあります。

趣味乗りと街乗りの両立といった点では、うちの家族が買ったフォレスターのようなクロスオーバーSUVという車のジャンルが適しているようです。

まず、SUVはスポーツ・ユーティリティ・ビークルの略で、アウトドア用途に適したマッチョな車のカテゴリで、クロスオーバーSUVは乗用車をベースにSUVの味付けを施したものになります。

乗用車ベースであるため、SUVほどマッチョではない代わりに、街乗りの快適性が高い。

ソフトマッチョな感じですね。

※ここらへん全てwiki調べ。

ただ、クロスオーバーSUVもそこそこ大きいです。

川岸に至る道は結構細くて、狭い場所で切り返す場面もありますので、小さい車の方が適しているように思えます。

もちろん、釣り道具を持ち運べる程度の積載量は欲しいですが…。

そんな私にピッタリな車があった。

そう、コンパクトSUVというカテゴリです!

…ううむ、SUVカテゴリの細分化が激しくて混乱してきました。

コンパクトSUVは字のごとく、ちっちゃいSUVです。

小型で取り回しやすく街乗りも不都合なく、かつ、走破性も高く荷室も広く実用性も高い、という細マッチョな車です。

これだ!

私の要望を満たすのは、コンパクトSUVだ!!

という訳で、このカテゴリから車を選ぶことにしました。

続きます。