tterのJapanトレンドになるくらい話題になってた

デザイナーノート | 殺人鬼ドクター&呪術:破滅&扉を守る者の変更予定について https://forum.deadbydaylight.com/ja/discussion/117463

ドクター変更も気になるがまずは破滅について

破滅の効果が変更になるんですって

■既存効果

この呪いは生存者の発電修理スキルに影響を与える。全ての生存者の破滅の呪いにかかり、次の効果を受ける。

・スキルチェック成功:グッド発生時、発電機の修理が5%減少する。

・スキルチェック成功:グレイト発生時、発電機の修理進行ボーナスが0%になる。

呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。

■新効果

すべての発電機が”呪術:破滅”の影響を受ける。

発電機が修理されていない状態であるとき、修理進行度が常に通常の発電機破壊の1/1.5/2倍の早さで自動的に後退し続ける。

呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。

所感

フラストレーション要素の改善という指針自体は大賛成

破滅のスキルチェックは新規プレイヤーにとって敷居が高いし、俺もフラストレーションを感じてる。だって、スキルチェックが本来成功(good)してるはずなのに発電機修理が後退&停滞するんだもの

ただ、デザイナーノート内に記載されている変更理由と新たな効果に突っ込みどころが多く、「何もわかってない」と感じるポイントが多々あり、コミュニティが反発するのも当然だと思う

キラーはエンブレムの為に破滅を使ってる?

また、“呪術:破滅”が殺人鬼のロードアウトでどのような役割を果たしているかも注視しました。発電機の修理を遅くするという明らかな目的のほかに、マッチ最初の数分間発電機の修理を遅くすることができる数少ないパークのひとつとして使われていることがわかりました。これは修理が完了していない発電機の数が多く、またその時間が長ければ長いほどスコアが高くなる“扉を守る者”エンブレムで高スコアを取りやすくなるため、殺人鬼のランク上げにとっても重要です。

破滅の役割についてその通りだが、破滅の採用理由を「エンブレムで高評価を取るため、ランク上げの為」であるかのような書き方をしている。そして、扉を守る者の評価軸も変更されるようだ

しかしそもそも、キラープレイ時にランク上げのことを意識してプレイするだろうか?

俺はサバイバー全滅を目指してキラーをプレイし、サバイバーを多く処刑した結果、ランクは自然に上がるものだと思っている。 そもそも毎月13日にランクリセットされるこのゲームで、ランク上げを意識するだろうか?

また、DbDは明確な勝利条件が決まっていない(この点はDbDの良い点でもある)。その上で処刑数を重視するキラーが多数であると俺はweb上で観測している

運営側は2処刑2脱出がバランスが良いと考えているようだが、処刑数重視のキラーであるほど2処刑2脱出に満足はしないはず

もしエンブレムを重視するのであれば、処刑数よりエンブレムを意識させる工夫を徹底的にしないとプレイヤーの認識は変わらないと思う

例えば「冷酷な殺人鬼」だとか「無慈悲な殺人鬼」だとかより、ゲーム内の行動やエンブレムに基づいてもっと多様な評価があってもいい。サバイバーも処刑されると単に「処刑」とだけ表示されるが、エンブレムの評価によって何らかの評価を受けられたら良いのではないか

他ゲーだとダメージ量や回復量といった多数の項目で、特に目立った項目がリザルト画面で評価され、共有されたりする。キラーなら吊った回数やキャッチ回数やスキル発動した回数、サバイバーなら修理時間や救助数や呪いのトーテム回数だとかだ

ちょっと逸れたが、プレイヤーと運営の間の認識に大きな剥離があり、運営が現状を「何もわかってない」と感じてしまう

換骨奪胎

次に、新効果について

マッチ早期にはあまり役に立ちませんが、後半では非常に強力となります。生存者が呪術トーテムを探して浄化するタイミングの判断を迫られます。

破滅の役割は運営が把握している先述の通り、「発電機の修理を遅くするという明らかな目的のほかに、マッチ最初の数分間発電機の修理を遅くすることができる数少ないパークのひとつ」だからである

「マッチ最初の数分間発電機の修理を遅くする」要素が重要かつ貴重なのに、それが失われてしまっているのが一番の問題点であるはず

しかし新効果について「後半では非常に強力となります」とか言ってるのが「何もわかってない」ポイント

また、赤帯で80%、全マッチで45%も採用されているパークがこのように変更されたのなら、それはもうキラー全体の弱体化と言える大きな変更ではないだろうか

効果は低くても、他に序盤の修理速度を遅らせる何か代替案であればこれほどの反発は無かったと思う

あと決死の一撃

後は、キラーが一番フラストレーションを感じているであろうパーク、決死の一撃への言及が無い

キラーからはサバイバーが決死の一撃を持ってるかを確実に判断する術はない(ある程度の予測はできる)。救助後60秒間以内に担いじゃったら発動、ロッカー掴みだと否応なく発動、あるか分からないけど対策で放置するしかない

決死の一撃がDbD一番のフラストレーション要素だと思う

今回、どうしてキラー側(破滅)のみ変更で、どうしてサバイバー側(決死の一撃)はスルーなんだ、という気持ちも当然沸く

終わりに

フラストレーション要素の改善はいいけど、今回は運営とコミュニティの認識が違い過ぎるなぁと感じた

まだテスト段階なので破滅の変更は確定ではないけど、このまま予定通り変更されたらいやだと言うのが率直な感想

そんな感じです

おまけ