「そんな気張らなくても、赤帯なんて今の評価システムだとやってれば勝手にランク上がるよ」って人も居るかもしれないけど、こっちは仕事や育児でまとまった時間が取れないんだよ!すぐにランクリセットの日になっちゃうんだよ!そんな事情があるので、とにかく短期決戦に持ち込むことにした。

ちなみに普段はランク10前後をウロウロしてる。使用キラーはティーチャブルを集めるついでにそのキラーをやったり、デイリーが出たキラーで何戦かやるくらい。

ランク1への道

使用キラーはヒルビリーで固定した。短期決戦なので強キャラを使うことも厭わない姿勢。ヒルビリー自体のポテンシャルは十分。後は俺の腕次第。パークはバベチリ、破滅、肉屋、看護師の使命。アドオンはチャージ短縮系のものを適当に。

最強キラーとしてナースが良く挙げられるけど、赤帯に通用する実力になるまでに掛かる時間が未知数だったので今回は諦めた。地に足ついたキラーでやる。

まず、ランク13からスタート。久しぶりにヒルビリーを使ったんだけど、やはり強い。このランク帯はチェンソーがバンバン当たるので爽快感もある。緑紫帯は特に苦戦せず、さくっと第一目標の赤帯へ。順調過ぎて赤帯でもある程度通用するんじゃないかな、最終目標のランク1も結構余裕じゃないheheheって楽観視してたんだけど赤帯へ突入した瞬間、世界が変わった。修羅の国。

鯖の質が今までと明らかに違う。赤メメントを使ってみもギリギリの戦いにしかならず結局、速攻でランク5に落とされた。普段赤帯に生息している猛者達に比べれば、俺なんてひよっこですよ。初めて都会に出てきてオロオロしてる田舎者ですよ。現在の実力ではどうにもならなさそうだったのでランク1を急ぐことは一旦諦めて、赤帯の雰囲気に慣れる必要があると感じたね。

発電機の修理速度がマジで早い件について

思い知ったのが「最初の1吊り目に時間が掛かると大変厳しい」ということ。

赤帯に限らない話ではあるんだけど、鯖1人がチェイスしてて他の鯖3人が修理に専念してる状況はガンガン発電機が修理される。なので最初の1吊りを決めて、他の鯖を救助に動かして発電機から遠ざけないといけない。

まぁ、赤帯の鯖は当然チェイスが上手いからそれが大変なんだけどね。。。

最初に出会った鯖がクソ上手くて「あ、これ捕まえらんねぇ」と思った場合は早々に見切りをつけて標的を別の鯖に変えると致命傷を免れることができるかもしれない。できないかもしれない。

とにかく、最初の1吊り目までが一番大事。

早く吊るにはチェイス力(ぢから)を鍛えるしかない。チェイスについては申し訳ないが俺の文章力では文章にできないので、割愛。文字よりも、上手い人の動画とか配信を見るのが一番参考になるかな。

チェンソーがマジで当たらない件について

色々試行錯誤したんだけど、即チェーンソーは振らず、チャージ状態をキープした状態で落ち着いて鯖の動きを見て「当たる!」ってタイミングで振れると、当たる。

旋回や近づいてきて回避しようとする鯖には、チャージキープしたまま後方に下がると当てやすい。

上手い人の動画を見ると直角チェーンソーとか、一瞬チェーンソー吹かしてフェイントとか色々なテクニックがある。奥が深い。。。

一番困ったのがチェイスに窓枠を多く使用されること。チェーンソーを当てるタイミングが難しい。ずっと追いかけてれば通常攻撃は間に合うようになるのでとりあえず殴るんだけど、チェーンソーを活かせてない気がしてモヤモヤする。俺が気づいてないだけでチャージ速度短縮アドオンマシマシなら間に合ったりするのかな。うーんわからん。

俺も鯖でヒルビリーを相手にするときは、チェーンソーだけは絶対食らわないように、窓枠多めでチェイスしてみようかな。

ダメダメだった時の心強い味方

赤帯に入ってからは保険として、看護師の使命を外してノーワン付けてた。「一撃持ちのヒルビリーにノーワンって無駄じゃね?」と今までは思ってたんだけど、ダメダメな状況、米粒で言うと-1で終わりそうな状況でも、ノーワンの力で±0にできたり、上手いこといくと壊滅状態にもってけたりする。ワンチャン力高い。足も速くなるのが地味に強い。

後はもう慣れというか経験というか

やっぱりプレイ回数が大事。

俺は対戦ゲームをプレイ中に緊張しすぎて、頭真っ白になったり手が尋常じゃないくらい震えたりする。StarCraft2とかLeage of Legendとか、ユニットを選択できないくらい震えた。

DbDも赤帯でダメダメな時とか煽られたときとかそんな感じになったんだけど、プレイ回数を重ねれば赤帯のゲームスピードにも慣れてくるし煽りもあまり気にせず落ち着いてプレイできるようなった。

先述の試行錯誤やプレイ回数を重ねることでひどい負け方はしなくなったので、米粒一個一個着実に稼いでランク2まで来た。

ランク2になったら、もう赤メメント持ってって一気にラストスパート!

そしてついに

ランク1になれました。かなり頑張った…!

ランク1を目指した感想

ランクを意識してプレイすると米粒の増減に一喜一憂するので精神的にかなーり疲れることがわかった。

今回ランク1になったことで自信はついた。なんてったってランク1だよ!Twitterとかブログとかで自慢もできるしhehehe。

一方で、まだまだ俺は未熟だし、ランク1キラーでも実力差があることは実感してるので引き続き精進していきたい所存。

やっぱ余裕をもって楽しみながら地道にプレイして上達できれば一番だよね!

来シーズンもボチボチ頑張っていくぞー!

そんな感じです。