開発元は中国の大手NetEase。

有名どころではPUBGのパクリゲーと名高い荒野行動を出してて、現在PUBG側から絶賛訴訟中。第五人格はゲームルールがDbDとほとんど一緒だけど、DbD開発元からサポート受けてて無許可でのパクリではらしいよ。

で、DbD大好きな俺が遊んでみた

スマホゲーパクリゲーと高を括っていたけどクオリティは高い。

まず、チュートリアルがリリース当初から実装されてる(驚愕)。まぁ、発売後2年経ってチュートリアル実装のDbD側がアレなんだろうけど。。。

あと、ストアもリリース当初から(ry。第五人格は無料ゲームだからストアからキャラやスキンを販売したり、rootbox(欧米では規制の動きがあるけど)も用意したりと、やっぱマネタイズ手法はちゃっかりしてるね。

アプリの動作自体ローディングや画面の切り替えが早かったりボタンのレスポンスも悪くなく、アプリのクラッシュにもまだ遭遇してないのでも安定感がある。

バグらしいバグは「Bluetoothイヤホン接続すると音がメチャメチャになる」ってのがあるんだけど、地味に厄介なので早く治してほしい。

ゲーム内容

鯖側はマップ全体に散らばる暗号機を5個解読して脱出ゲートから脱出が目的で、鬼側は鯖を追いかけてロケットチェアに縛ることでゲームからリタイアが目的。

はい、DbDですね。

細かいところは違う

一言で表すと、より「カジュアル」になってる。

まず、ホラー要素は抑えられ、血しぶきとかグロテスクな表現はなく、キャラクターはパペットを模した可愛いものになってる。

ゲームスピードもDbDより早い。具体的にはロケットチェアに拘束された鯖は1分で処刑される(DbDより30秒早い)。暗号機の解読も約1分。板の数は多いがスマホの悪い操作性+でっぱりの多い地形により最短距離を攻める板グルチェイスは難しい。また、窓枠、板越え中、救助中の鯖を殴ると恐怖の一撃となり一発ダウンになるので板一枚で粘るのはむずかしいが板の枚数自体は多いのでどんどん倒していく感じ。

操作性の悪さについてはスマホ故、どうしようもない。チェイス中に右手でカメラ操作しようと右側にあるしゃがみボタンを押しちゃったり、パペットを使っちゃって遠くに飛んじゃったりしてその時点で萎えてしまう。。。

マッチングについて

マッチングはランダムマッチとランクマッチがある。ランクマッチはランク報酬やrootboxが手に入るが、開催される時間帯が決まってるので、下手すると全然遊べない。

マッチングした時点で退出は基本できない。なので、パーティっぽいからとか庭師4人居るから、とかで部屋爆破もできない。マッチングから抜けたり切断が多いと品性値という値が下がる。品性値が下がると懲罰マッチングになり、ランクマッチに参加できなくなったりランダムマッチがvsAI相手になったり取得経験値半減したりする。これDbDに逆輸入して切断多いプレイヤーに適用しませんか?

↑でちょっとでた庭師っていうのはチェアを破壊することができる鯖で、やろうと思えば地下のチェア以外のすべてのチェアを破壊することが出来る恐ろしい子。

DbDでもリリース当初はフック破壊が猛威を振るって、現在はフックが時間で復活するようになったけど、第五人格のチェアは時間で復活しない。鬼のスキル「異常」をセットしていれクールタイムが長いけどチェアの修理が可能ではあるので、吊る事はできる。

まぁ、庭師が一人でも居たら異常が必須だと思う。とにかくダルイ。

キャラ性能とか育成とか

パークは鯖/鬼毎に予め保持しているキャラ固有能力(外在人格)とスキルツリーを開放して得られるキャラ共通能力(内在人格)がある。

外在人格は、例えば弁護士は地図を開始時点で所持しており何回でも使用可能で、また、周囲のメンバーの作業速度が上昇するけど板や窓枠を超える速度が遅かったりする。基本的に長所と短所両方備えている。これはプレイヤーは弄ったりできない。

内在人格は、DbDで言うとパーク。絆とかしなやか、ノーワンとかまやかしとかと似たようなものがある。スキルポイントは鯖/鬼をやっていくと取得できる。ポイントは鯖全体/鬼全体で共用なので、DbDみたいにパーク揃える為にそれぞれのキャラを育成しないとけない手間は無い。振り直しにも制限がなく、スキルセットも複数あって利便性は高い。

ちなみに俺の俺のお気に入り鯖は「泥棒」。

窓超えや板倒し速度が速くチェイスに向いている。短所としてスキルチェック発生頻度増加と成功範囲減少があるんだけど、微量すぎて短所と言えるほどでもない。

なんと開始時に懐中電灯を所持していて、使用時間も他鯖の倍。DbD以上にライトは使いづらいが、殴られた後にきちんと合わせられればおそらく確定でライトスタンが入るっぽい。ライトのヘイトでタゲを取る点でもチェイス向け鯖だね~。

そんな感じで纏めると

・いい点

キャラの造形がかわいい、魅力的。

チュートリアルがありキャラ育成も難しくなく初心者にオススメし易い。

マッチング、ローディング、試合のテンポが早く気楽にできる。

・悪い点

操作性が著しく悪い。

報酬貰えるランクマッチが常設されてない。

庭師がウザイ。

第五人格のほうが後発だけあって、ルールやシステム作りでDbDの既知の問題点をしっかり潰そうとしてる印象があって好感が持てる。

また、ゲームのテンポも良くて遊びやすい。

DbDもまだまだ人気だけど、このまま第五人格の方が人気になったら寂しいので頑張ってほしいなって思いました。

そんな感じです。