流行りもの大好きな俺氏、早速アマンダちゃんにBPを振って使ってみる。

しかし期待に反してボロ負け。まだ使い慣れてないのを加味してもダメダメ過ぎた。

な、なぜ…。

アマンダちゃんはチェイスが大変

固有能力の逆トラバサミと奇襲。奇襲攻撃はチェイス前に当てれれば良いけど、使いづらい上に採用率の高い全力疾走で潰されやすい。逆トラは這いずり状態で装着なのでチェイスが終わってからの能力。

つまり、チェイスを補助する能力が乏しい。

プレイヤーの素のチェイス力(ぢから)が大きく問われるキラーだったのだ!

一撃ダウンや罠といった補助の無いチェイスがこれほど大変だとは思わなかったよ…。

逆トラでチェイスの時間を稼ぐイメージ

先述の通りアマンダちゃんにはチェイスを補助する能力が無いので、序盤は板をバンバン使われて辛い。

ただ、どうにかして逆トラを付けることができれば、発電機の修理スピードは下がるので、他キラーの感覚だと「チェイスに時間掛け過ぎてるうううやばい」と焦るくらいチェイスが長引いても、意外と大丈夫だったりする。逆トラ発動を嫌って寸止めする鯖達だったら尚更。

あと、吊りゲージをちゃんと把握しておかないと、2吊目のもう後がない鯖に逆トラ付けちゃったりする。した。

逆トラは通電後の為に1つ残しておくと鯖の脱出を抑制できて強いと思うけど、通電前に全部使っちゃっても良い気がする。お好み。

出来る事ならしゃがんで心音消して、気づかれないように鯖に接近してチェイス時間を短縮したい。ただ、隠密からの奇襲攻撃は悲しい事に全力疾走で避けられる可能性が高いので、接近しても奇襲攻撃はせず、そのまま立ってチェイス開始の方が吉。

板グル時の奇襲攻撃が有効とweb上で見るんだけど、成功したことない。しゃがむの見られて普通に距離を離されたりする。俺がまだ正しい方法でやってないだけかもしれないけど、上手い配信者とか実況者がそれをやってるのを見ないので実用性は低いのかな、と思ってる。

まとめ

チェイスが大変で序盤は厳しいけど、逆トラによる遅延で試合時間を延ばすことができれば、板や鯖が減った終盤の鬼が有利な状況下で長く戦えるのが強みだと思った。

チェーンソーや罠といった能力を使わない純粋なチェイス勝負なのでプレイヤーのチェイスの上手さが強さに直結する。俺の使うアマンダちゃんは正直弱い。

裏を返せば、アマンダちゃんを使い続ければチェイス力が凄く鍛えられそう。今は苦しいけど、もうちょっと頑張ってみるか…。

余談:逆トラ装着時に発電機を寸止めするか修理し切るか。

逆トラを付けられた鯖が居た場合、鯖側は発電機を寸止めにしとくか修理し切ってしまうかは意見が分かれるけど、鬼側からすると発電機ガンガン修理された方が嫌かなぁ。

寸止めで逆トラ解除を待ってる間に、更に逆トラ付けられた鯖が増えたらジリ貧だと思う。発電機ガンガン修理されて、逆トラ余ってる…って状況の方が辛い。

そんな感じです。