最近ディスプレイを新調したんだけど、明らかにスキルチェックがしやすくなったんだよね。破滅時の屈指修理をやめようかと思うくらいグレート率が上がったし、DSの成功率も3割から8割くらいに上がった。

最初はディスプレイのリフレッシュレートが60Hzから144Hzに上がったからだと思ってたけど、DbDは60FPS固定らしく144Hzの恩恵は受けないみたいなんだよね。

となると、応答速度で恩恵を受けてるのかな?

ディスプレイの応答速度

ちょっと古い記事(2005年)なんだけど、応答速度について分かりやすく説明しているメーカーの記事があった。

https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/other/itmedia01_03/

凄く簡単に言うと、応答速度が早いと表示のラグとか残像が少なくなる。

元は5ms(GtoGは不明)のものから、今は1ms(GtoG)に変わった。

スキルチェックで具体的に言うと、スキルチェックのカーソルの移動が残像なくはっきりと表示されるようになった、ということかな?一応元のディスプレイに戻して確認してみると、確かにカク付いてるというか残像がある感じがする。

ここの人の様な詳細な検証は難しいので、これらは俺の体感によるものなので恐縮だけど、やっぱディスプレイって大事だなと思う。

とにかく、スキルチェックのがやりやすくなったのは確か。

スキルチェックがばんばん決まるので、最近サバイバーやるのが楽しい。

そんな感じです。