ニンテンドースイッチを買う予定はなかったのですが、ゼルダの新作がオープンワールドで、しかもかなり面白いとの口コミを見てから、急に気になりはじめました。

ゼルダはWiiU版とスイッチ版が出ているのですが、折角ならスイッチ版をやりたいですよね…。

いざ冒険の旅(スイッチ難民)へ

予約とかしていません。完璧な衝動買いです。

スイッチは発売直後で品薄(2017/3/3発売)と聞いていたので、入手出来ない可能性が高かったのですが居ても立ってもいられず、その日の仕事終わりに県内の家電量販店を回りました。

まずは私がよく行くヤマダ電機へ

ゲーム売り場に向かうと、子供連れのお父さんが居ました。ああ、私と同じスイッチ狙いだな、と直感でわかります。

「目的は無いけれどちょっとゲーム売り場を覗きに来ただけですよ」感を出して親子の脇を通り抜けつつ、陳列棚をチラ見すると、ニンテンドースイッチ本体の販売カードを発見。

と…値段の部分には「品切れ中、次回入荷分予約受付中!!」との文字。

世の中甘くないですね。やっぱりありませんでした。

何故かゲーム売り場をぐるっと一周した私はそのまま店を出ました。

次回予約分までなんか待っていられません。次のお店へ向かいます。

次は、ちょっと遠い100満ボルトへ

ここは2階フロアにゲームコーナーがあるのですが、階段をのぼったところにスイッチの特設コーナーが設けられていました。

が、同じく品切れ中。

すぐにそのまま回れ右をするとスイッチ狙いということがばれてしまうので、またゲーム売り場を一周して店を出ました。

発売日の3/3からまだ1週間しか経っていないですもんね。なかなか売っていません。

三軒目は、ジョーシンへ

ここは去年開店したばかりなのと、他の店と違い主要道路から一本入ったところにあるので、穴場ではないかと内心期待していました。

今回初めて入店しましたが店の少し奥にゲームコーナーがあり、目立つところに任天堂コーナーがありました。

確認するとスイッチ本体の販売カードにやっぱり「品切れ中」の文字。

ここも品切れでした。

あれ。

その下に「品切れ中」の文字の無い、本体の販売カードがある。

…んん?思わず二度見しました。

どうやらカラーバリエーションである「ネオンカラー」の方は売り切れてて、「グレー」はまだ売り切れてないっぽい!

本当にあるんですよね!?どうしよう。本当に買っちゃっていいのか。

いざ売っているのを目の当たりにすると、色々考えて尻込みしてしまうというよくわからない状況に。

あれこれ考えていたのですが、隣に男の子が駆け寄ってきて、「あっ、ママ、スイッチある」と満面の笑みです。

あ、やばい。どうしよう。

これが最後の一個の可能性がある。すぐに買わねば。しかし、もしそうだとしたら男の子は悲しまないだろうか。

また、狙ってないふりしてその辺ウロウロしようかなと思ったその時、テンションMAXの男の子にお母さんは「いや、買わんし」と冷たく言い放ち、男の子がダダをこね出して売り場が修羅場に。

このドサクサに紛れて買っちゃおう、とスイッチ本体とゼルダを持って素早くレジへ向かいました。

周辺機器はいろいろありましたが、とりあえず必要になりそうな液晶保護シートだけ選びました。他はまた後で考えます。

というわけで購入できました

ちなみに、レジ裏にスイッチの箱が6箱くらいあったので、先ほどの男の子も買えたんじゃないでしょうか(お母さんの許可が出てたら)。

箱が小さい

WiiUの箱と比べると半分くらいの大きさ。

重量もかなり軽い。片手で持てます。

本体も小さい

右側の四角い板が本体です。

その左にあるのがコントローラーです。

比較対象は近くにあったニベア缶です。

ソフトも小さい

技術の進歩やばい。

据え置き機なのか携帯機なのか最早わからない

スタンドに立てた状態。テレビに出力して遊ぶ。

テレビに出力しなくても、本体の液晶で十分遊べる。

というか本体にコントローラーつけて、携帯機として遊べる。

コントローラーの変幻自在ぶりも凄くて、それぞれ1コン、2コンとして使える。

さすが次世代ゲーム機

こんな感じで、もういろんな面が進化したすんごいゲーム機です。とても興奮しています。

画面表示やレスポンスに2~3秒掛かるとストレスを感じるというのはwebページでの有名な話ですが、各メニューやストア画面のレスポンスは良く全くストレスを感じません。

ボタン押下時のカチッという音も子気味いいです。

デザインもシュッとしてて、WiiやWiiUより好きです。

…と言うか早く遊びたいので、ブログはここまで!!!

そんな感じです。