日本で配信される前から話題になっていたポケモンGO

7/22に配信されたので、始めてみたよ。

■公式サイト

https://www.pokemongo.jp/

『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、バトルしたりできるゲームです。

このゲームはモニターの中だけで完結せず、プレイヤーは実際に家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーと出会ったりしながら楽しむことができます。

公式サイトより。

ゲーム画面はこんな感じ

いざポケモンの世界へ

最初に自分の容姿を決めたら、次は早速フィールド画面だった。

今時珍しくチュートリアルとか無いので、最初は戸惑うことが多い。

ゲーム内でわかんないことがあったら、フィールド画面下部のモンスターボール→右上の設定→ヘルプセンターから説明書的なものが読めるので、読んどいたほうがいいね。

とりあえず、ポケモンゲットだぜ!

フィールド上を移動していると、ポケモンが出現することがあり、タップするとゲット画面へ。

従来の「ポケモンバトルで弱らせてゲット」ではなく、画面下部に表示されている野良ポケモンにフリックでモンスターボールを投げる、というもの。

ポケモンに重なって表示されている円は小さい状態(収縮した状態)の方が捕獲確率が高いらしい。

最初にゼニガメ、ヒトカゲ、フシギダネ、いわゆる、初代御三家がフィールド上に居て、どれか一匹だけゲットできる。

俺は初代直撃世代で、クリスマスか誕生日かは忘れたけど、親にゲームボーイと一緒にポケモン緑を買ってもらって、あの時は凄く熱中したなぁ。

そして最初のポケモンとして選んだのがフシギダネ。懐かしい気持ちになり、ポケモンGOでも最初の一匹目はフシギダネをゲットしたよ!

かわいい。

ちなみに戦闘要素は次に記述するポケモンジムにある。

ポケストップとポケモンジム

現実に実在しているオブジェクトがポケストップとして登録されており、フィールド上に表示されている。

ここに足を運ぶことでモンスターボール等のアイテムや経験値が入手できる。

ポケモンがクルクル回ってて、ポケストップを豪華にしたような感じのやつはポケモンジム

プレイヤーがジムリーダーとして、表示されてる防衛ポケモンを配置してる。

ここではジムリーダーとポケモンバトルでき、勝つと自分がジムリーダーとなり防衛ポケモンを設置できる。

ジムリーダーとして防衛中はポケコイン(ゲーム内通貨)ゲットできるらしい。

プレイヤーのレベルが5になって、3つの勢力のうち一つに所属しないとジムバトルはできない。

俺は赤チーム、チーム ヴァーラーにした。

アカいいよね…。

手持ちのポケモンがまだ弱いのでジムバトルはまだ出来てないっす…。

このポケストップとポケモンジムは、ポケモンGOと同じ開発元のゲームIngressのポータル情報を元にしてるみたい。

Ingressはポータルを奪い合って自陣営の領地を拡大していくゲームだったのでポータルが無い場所ではすることがない。

ポケモンGOはフィールドを歩けば野良ポケモンを捕まえられるので、適当にうろうろするだけでも大丈夫。

プレイにおけるポータルへの依存を減らしつつ、しかしアイテム補充やポケモンジム等の有用性は持っているので、Ingressからゲーム性が進化したなぁ、と思った。

家にいる場合じゃねぇ

いろいろロケーションを探索したくて、土曜の夜に飲み歩きに出かけ、繁華街付近を歩いてみた。

↓は富山城址公園です。ポケストップが密集していたので、突撃した。

ポケストップに花びら舞っているのはルアーモジュールというもので、30分間野良ポケモン出やすくなる効果のアイテム。

誰かがルアーを使うと、周囲にいるプレイヤーにも恩恵がある。

密集している3か所のポケストップで、ルアーが常時使用されてた。

野良ポケモンがどんどん出現してたよ。

ありがたや~~。

そんなホットなスポットな為、23時くらいでも、誇張では無く100人くらい居た。

全員ポケモンGOしてる。

あの光景を見ると、「ポケモンGOすげぇ…」って思っちゃう。

そして筋肉痛へ…

現代日本人の慢性的な運動不足を実感。