今回は【Undertale】というゲームの紹介になります。

本投稿はネタバレ無しです。

このゲーム(特にストーリー部分)は事前知識無しでプレイするのが一番。

少しでも興味を持った時点で全てのブラウザを閉じ、購入してプレイしてください。

どんなゲーム?

Undertale はモンスターが封印されている地下世界に落ちてしまった主人公が、地上に帰る方法を探す為に冒険する You don’t have to kill anyone(誰も殺す必要のない) RPG です。

Toby Fox氏が中心のチームが制作。2015年9月15日発売。Steamで¥ 980で販売中。

非公式の日本語化あり。

RPGなんてどれも代わり映えしないし、戦闘は単調で眠くなる

って思ってる人にオススメ。

見ても楽しい、華麗に避けられればもっと楽しい

Undertale の戦闘画面はパッと見、従来のコマンド式RPGに見えますが、モンスター達からの攻撃はさながら弾幕シューティングのようになっており、主人公(のハート)を操作して、迫りくる弾幕を回避するシステムになっています。

主人公を殺す気満々のものから、思わず笑ってしまうものまで、バリエーション豊かな弾幕が待ち構えています。

↑左右を流れる力こぶにハート(自機)が当たるとダメージを受ける。

You don’t have to kill anyone(誰も殺す必要のない) RPG

モンスターを倒さずに停戦、和解できるというのも Undertale の特徴の一つ。

ただ、そこはクセの強いモンスター達。独特なプライドや矜持を持っていて、一筋縄ではいきませんが、どこか愛らしい。

↑なんじゃこりゃってコマンド達。これらを活用し、モンスターとの和解を試みる。

ただ、このゲームはモンスターを殺すことを禁止している訳でないので、従来のRPGのようにモンスターを倒してEXPを稼ぐプレイも可能です

ただ奇を衒っているだけじゃない

ユニークな戦闘システムを活かした演出の数々は、どれも斬新でプレイヤーを飽きさせず、時には衝撃的でさえあります。

Undertale に触れる前の私みたいに、「RPGなんてどれも代わり映えしないし、戦闘は単調で眠くなる」って言っている人が居たらこのゲームを勧めてみてください。すぐに誤りだったと気づくはずです。

地下世界に血肉を与える膨大なテキスト

モンスター達に何度も話しかけたり、ストーリーを進めた後で話しかけたり、主人公の行動次第で頻繁に会話の内容が変化します。

そのテキスト量が尋常ではなく、私もすべてを全てを網羅しているとは言えません。

ああ、もっと。膨大でユーモア溢れるテキストを骨の髄までしゃぶり尽くしたい。

って感じで、いつの間にか Undertale の世界にどっぷりとのめり込んでいるでしょう。

一度聴いたら忘れられない楽曲達

Undertale を語るのに外せないのが Toby Fox氏が自ら制作した楽曲達。

特に、主要モンスターに用意されている楽曲はどれも彼らにピッタリで、彼らのディティールをより精細なものにし、魅力を増幅させています。

ちなみにサウンドトラックは Steam の Undertale ストアページ上で購入できます。

単体で¥ 980。ゲームとセット販売だと¥ 1,780でちょっとお得。

楽曲は動画サイトに上がってたりもするんですが、未知のボスなどのネタバレになる可能性あるので注意してください。

おわりに

という訳で、さらっとですが主要な部分を紹介してみました。

どれも褒めちぎりましたが、Undertale の一番の魅力はこれらが合わさって紡がれるストーリーだと私は思っています。

あらゆる方法でプレイヤーの心を揺さぶってくるゲームなので、是非ご自身でプレイしてみてください。

これほど製作者に愛され、ファンにも愛されているゲームは、他に思い浮かびません。