ffxiv_20161211_222734

初めての零式に行ってきました。

零式とは

それは、血と汗と涙のドラマが絶えることなく生まれ、感動のクリア報告とギスギス報告とがSNSを飛び交う最難関コンテンツ…。

※個人的な感想です。

僕のような日和見冒険者が挑むには中々ハードルが高いもので、「零式X層突破した」というフレンドの報告にも、「ほへー」とか「すごい」とか適当に返事してました。(よくわからないので)

しかし、風雲急を告げる日曜の夜。

サザエさんも終わり、のんびりと探検手帳を埋めていたところ、パーティ募集に「天動零式1層練習」の募集がありました。

募集内容を見ると初見OK。

クリア経験者パーティはよく見かけるものの、練習パーティは滅多にありません。

今回、思い切って参加することにしました。

因みに参加ジョブは忍者です。

19時頃に募集があったのですが21:30から開始とのこと。

待機用LSも配布されて、時間までは各々自由にしていてよいとのこと。

パーティメンバーが集まりにくいであろう募集は、こういった形態をとるんですね。

この時期に1層練習パーティに人が集まるのかは、私も不安でしたが、メンバーは30分程で、結構あっさり揃いました。

時間に余裕があったので、攻略サイトとか動画見ながら予習してました。

いざ零式

時間になり遂に零式突入です。

最初はファイナル・ファウストから。

中ボス的な立ち位置なので、さくっといきましょう。

いきませんでした。

まさかの全滅。

MTが一撃で沈みました。

MTを屠り、一人ひとりとターゲットを変えて連続キルするその姿に恐怖を覚えます。

中ボスであろうファイナル・ファウストに10秒も持たずに全滅したので、これが零式か…と戦慄しました。

中ボスってレベルじゃねぇ

こいつに対して全く予習していなかったのですが、前方範囲をMT、STで頭割りする必要があったようです。

タンクさんが頭割りで攻撃を受けると、痛いものの持ちこたえることが可能で、なんとか殴り倒すことができました。

(捨身使ってた僕と竜さんは範囲攻撃で仲良く死にました)

そんな感じです。

一旦区切ります。